胡蝶蘭の本数

胡蝶蘭は花の色によって印象が変わりますが、色よりも重要なのが本数です。会社の設立祝いに胡蝶蘭を贈るなら最低でも3本立ては欲しいところです。胡蝶蘭というだけでも高級なイメージがありますが、1本立てではちょっと寂しい印象になってしまいます。自宅用なら1本立てもいいのですが、お祝いに贈る時は最低でも3本立てにしておきましょう。5本たてならさらに豪華に見えますので、予算に合わせて選ぶのがおすすめです。

胡蝶蘭の3本立てでも、花の大きさによって見た目のボリュームは変わります。大輪・中輪・小輪の3種類から選べますが、大きいほど豪華になります。小さいほど可憐な印象になるので、雰囲気や好みで選び分けることができます。胡蝶蘭は色や種類で価格も変わってきます

会社設立祝いの胡蝶蘭は白が定番ですが、白い花びらの中央が黄色か紫かでも印象は違ってきます。色の入り方も種類によって異なりますので、あらかじめ会社の雰囲気が分かっているなら、雰囲気に合わせて色を選ぶのもいいかもしれません。会社の雰囲気がわからない時は、定番カラーの白で中央が黄色い物を選んでおけば間違いないでしょう。胡蝶蘭は長持ちするので、会社設立のお祝いにもピッタリです。