贈るのはいつがいい?

会社設立祝いに胡蝶蘭を贈る場合、贈るタイミングにも注意が必要です。極端に早すぎるとまだ会社に人がおらず、せっかく贈った胡蝶蘭が行き場をなくしてしまいます。しかし遅すぎてもなんとなくバツが悪いので、贈るタイミングを知っておくことが大切です。

会社設立のパーティーがあるなら、パーティーの前日か当日の早い時間に届くよう手配しておきましょう。パーティーをしない場合は、仕事を始める準備で1週間くらい前から関係者が出入りをし始めると思われるので、設立日を確認し、1週間~前日くらいに届くよう手配します。可能なら先方に確認をとって到着日決めるのが一番です。

なぜ設立日当日ではなく、前日までに届くようにするかについては理由があります。設立日当日はパーティーがあれば、来賓も多く対応に追われるので、荷物が届いても対応する暇がありません。忙しさに拍車をかけるので、当日は出来るだけ控えます。前日までの準備段階で届くよう手配しておけば、荷物を受け取る余裕もありますし、当日に目立つところに飾っておけるというメリットがあります。

万一設立日を過ぎてしまった場合は、遅くとも設立日から1週間~2週間以内に届くよう手配すれば間に合います